「サロン・デュ・ショコラ」 世界最大級のチョコレートの祭典 1月23日から

「サロン・デュ・ショコラ」とは、世界最大級のチョコレートの祭典。もともとは1995年にパリで始まり、東京では2003年から伊勢丹新宿店でスタート。
2019年で第17回目となる国内最大級のチョコレートの祭典です。
年々人気が高まり、2015年からは店外へ繰り広げられ、2019年は新宿NSビルでの開催となります。

2019年東京のサロン・デュ・ショコラでは、世界各国から112ブランドの参加を予定。
その中の約20ブランドが新登場です。さらに、会場内で楽しめるテイクアウト&イートインが前年の約2倍にパワーアップ!普段日本では手に入らないショコラのお買物はもちろん、会場内で人気ショコラブランドの特別メニューをお楽しみいただけます。

2019年1月23日(水)~29日(火)の7日間、新宿NSビル地階のイベントホールにて開催されます。

個性あふれるNEWブランドが今年も続々登場します。

○IKA CHOCOLATE(イカ チョコレート)
日本初上陸となるイスラエル・テルアヴィヴのショコラティエの代表作は、地中海のミックスハーブを使用したショコラ。インターナショナルチョコレートアワードで2014年から3年連続受賞し、2017年にはC.C.C.の外国人部門にてゴールドを受賞!
また、2018年のC.C.C.では、外国人部門のアワード受賞するなど、その実力が評価されているショコラティエです。

「ビューティーコレクション 」 (4個入) 1,944円
リーのピューレをキャラメルに仕立てホワイトチョコレートと合わせた色鮮やかなショコラ。外側のパリっとした食感と、中身のキャラメルがとろける舌触りの組み合わせの絶妙。

種類は、カシス、ブルーベリー、ラズベリー、ストロベリー。女性の美しさを表現した鮮やかな色彩に注目です。

○MR & MRS RENOU(ミスター アンド ミセス ルヌー)
こちらも日本初上陸!シェフのクリストフ・ルヌー氏は西フランス・アンジェ出身。フランスの出身ながらスイスでショコラを学び、2009年からヴァローナに勤務。2010年にシャルル・プルースト・コンクールで優勝、2015年にMOFパティシエを取得し、2017年にジュネーブに1号店をオープン。今、スイスで注目されているブランドです。


「マックサブレ」(6個入) 4,104円
チョコレートで包んだマカロンのような生地のサブレで、ガナッシュやパートダマンドなどをサンド。カタチやデザイン、色や食感も、すべてルヌー「らしさ」にこだわったオリジナリティが満載のショコラです。

味わいはシトロンヴェール、フランボワーズ、ゆず、キャラメルフルールドセル、バニラ、ピュアショコラなど6種。いろいろな食感と味わいが楽しめます。

○CHOCO²(ショコ・オ・キャレ)
シェフはパリ郊外出身のジャン=ピエール・ロドリゲス氏。パリで人気が出始めている注目株の一人です。
一際目を引くキューブ型のボンボンショコラは、他では見かけない彼独自のクリエイション。先に周りのシェルを作る製法で、中に閉じ込めた柔らかいキャラメルやガナッシュなどのテクスチャーを楽しめるのが特徴です。

「ショコラ アソート ルージュ」(9個入) 3,564円
キューブ型の中にとろりと柔らかいフィリング入り。ライム&バジルのミルクガナッシュ、フランボワーズ&レモンのガナッシュとライチのジュレの2層、胡麻のプラリネと柑橘のジュレの2層、キャラメル&ミルクティーをデュルセイで仕上げたガナッシュなど全5種類の味が味わえます。
金箔&レッドが冴える華やかなサロン・デュ・ショコラ東京会場限定の詰め合わせは要チェックです!

~入場チケット~
ご入場までのお待ち時間の短縮や、会場内の混雑緩和のため、チケット入場制(有料)となっています。今年は当日券(平日15時以降)の販売や、クレジットカード以外の決済方法をご用意しています。
日本のサロン・デュ・ショコラのオフィシャルホームページには詳細情報がありますので、予めこちらのページをご覧ください。

開催概要(日時、アクセス)

入場チケット販売情報(価格、販売日、購入方法、決済方法、入場方法など)
入場チケット販売について

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする