フランスで新年に欠かせない伝統菓子 運だめしスィーツ

フレデリック・カッセル(Frédéric Cassel)は、「ガレット・デ・ロワ」を
2018年12月28日(金)から2019年1月14日(月)までの期間限定で発売しています。

最近、日本でも知られてきたガレット・デ・ロワは、フランスでは新年のお祝いに欠かせない伝統菓子です。

“王様のガレット”を意味する「ガレット・デ・ロワ」は丸く焼いたパイの中にはアーモンドクリームと、当たると幸運が1年間継続する、とされている運だめしの人形「フェーヴ」が入っています。



パイ生地とアーモンドクリームのガレット、オレンジフラワーウォーターでブリオッシュ生地に風味をつけ、ドライフルーツやオレンジを飾ったリング状のものを食べる。
アーモンドクリームのつまったパイというシンプルなお菓子。

ガレット・デ・ロワの楽しみはフェーブ(空豆)が仕込まれていること。もともと乾燥した豆を使っていたのでそう呼ばれていますが、今では陶器製のかわいい人形が使われています。ガレット・デ・ロワ フェーブ切り分けたガレット・デ・ロワの中からこのフェーブが出てきた人は、王様(女王様)になれるのです。王様(女王様)になった人は王冠をかぶってその日一日みんなから祝福されます。家族や友達と集まって一年のはじまりにフェーブをめぐって大騒ぎ。フランスではこれを食べないと一年がはじまらないとまで言われるほどです。
フレデリック・カッセルの「ガレット・デ・ロワ」には、「フェーヴ」の代わりにアーモンドが使用されており、購入時にフランスと同じ王冠と陶器の「フェーヴ」がプレゼントされます。




香ばしく焼き上げたパイ生地にアーモンドクリームを合わせたクラシカルな「トラディショネル」に加え、柚子の苦味と酸味で繊細な風味を織り成す「YUZU」も用意。黒と白の胡麻を飾り付け、斬新な発想で伝統菓子をアレンジしてあります。

フレデリック・カッセル「ガレット・デ・ロワ」http://www.frederic-cassel.jp/news/2018/2563.html
販売期間:2018年12月28日(金)~2019年1月14日(月)
取扱場所:フレデリック・カッセル 三越銀座店
住所:東京都中央区銀座4-6-16 B2F
・トラディショネル 2,160円(税込)
・YUZU 2,592円(税込)
※いずれも王冠、2019年のフェーヴ付き。

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする