iPhone・スマホを紛失した時に1番大切、焦らないこと

「スマホを落としただけなのに」という映画があるようですが
実際にも身近にある出来事のようですね。
iPhone・スマホを紛失した時に1番大切なことは、焦らないことです。

冷静に的確な対処法を行っていれば、情報の漏洩や悪用などの二次災害を防ぐことができます。

○携帯を紛失した時の対処法
 警察で紛失届の受理番号を貰う
 キャリアや格安SIMに連絡をして回線の利用停止
 サポートやアプリを利用して位置情報の検索
 セキュリティアプリの遠隔ロック機能を利用する

○自宅のパソコンからスマホの位置を特定しましょう!
 iPhone(iPadも同様です)もAndroidも、GPSで位置情報を確認できるサービスが用意されていますので、もしもの時のために用意しておくと大変役立ちますよ。
まずはiPhone・iPadですが、appleが提供しているiCloudというサービスを使います。
PCで上記サイトにアクセスして、普段自分が使っているAppleIDでログインしましょう
iCloud https://www.icloud.com/

地図上でだいたいの位置を確認できたら、その先に出来ることは3つです。
  



1.サウンド再生
家の中にありそうだけど、どこにあるか見つからない!
そんな時は「サウンド再生」を実施すれば、行方不明の端末が音を鳴らし始めます。
かなり大きな音なので、かばんの中やベッドと壁の隙間に入り込んでいても見つけ出すことが出来るでしょう。
音は端末を見つけてロックを解除すれば鳴り止みます。

2.紛失モード
職場やお店に置き忘れているらしい…そんな時は、回収できるまでロックを掛けておくことにしましょう。
「紛失モード」を設定すれば、設定しているパスコードでロックを掛けることが出来ます。
ロックするのと同時に画面にメッセージや電話番号を表示して、端末を見つけた方に電話をかけてもらうことも出来ます。
また、「紛失モード」にした後に端末の位置情報が変わった場合はメールで通知してもらうことも可能です。
電車やタクシーなど乗り物に置き忘れた時や、誰かが故意に持ち去ってしまった時でも位置情報を追いかけられます。

3.iPhoneの消去
最悪の例ですが、位置情報を追いかけていたが、どうやら持ち去られてしまったらしい…ということも残念ながらあるかもしれません。
その場合は、情報の漏洩を防ぐためにすべてのデータを遠隔で消去することが出来ます。
「iPhoneの消去」をすると、アプリや電話帳のデータ、写真や動画などすべてのコンテンツと設定が消去されます。

ちなみに、iTunesでバックアップをこまめにとっておけば、新しい端末を用意すれば復元も可能です。

「設定」内の「iCloud」の中にある「~を探す」をオンにするだけです。

ちなみに、iPhoneとiPadで使えるアプリも配信されているので、iOSの端末を2台以上持っていれば、パソコンを使わなくても他の端末を探すことが可能です。

Android端末の場合は、Googleが開設している「Androidデバイスマネージャー」というサイトを使います。
アクセスすると、Googleアカウントの入力画面が出ますので、端末にログインしていたアカウントを入力します。
すると、そのアカウントで使用したスマホの位置が表示されます。
こちらもiCloudの場合と同じく、音を出すことやロックをかけたりすることが可能です。

この機能で位置を特定するには、スマホの位置情報をオンにしておく必要があります。
Android設定
「設定」の位置情報をONにしておくだけでいいので、不安な方は万が一の為に設定を確認しておきましょう。
  



なくす前に、設定の見直しと探し方の確認をしておくことをおすすめします。
実際に探せることで、焦ってあちこち探しまわることもなくなります。
本当に見つからない時は警察に相談することも大切です。

携帯を紛失した時はまずこのコールセンターに連絡を入れて回線の停止をしてもらうようにしましょう。

回線の停止をしなければ、万が一携帯のロックが解除された時に悪用されてしまう可能性がありますし、
LINEのアカウントなども悪用されてしまう恐れがあります。

クレジットカードや銀行とアプリ提携をしている方は特に注意が必要です。

電話は、日中から遅くても21時までしか繋がらない格安SIMが多いので、時間外に紛失してしまった場合は格安SIMの会員ページにログインして回線停止を行うと良いでしょう。

その場合、別端末が必要になりますが、携帯を借してもらったり、自宅にのパソコンからでもアクセスは可能です。

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする