旬が短い「桃」 だからこそ美味しく食べたい!!美味しいだけでない栄養も

桃の主な産地は山梨県、福島県、そして長野県となっています。
中でも山梨県は全国の3分の1以上を産する一大産地となっています。
また、和歌山や山形、岡山など果物の産地として知られている地方でも
桃は沢山作られています。

●桃の旬は夏から初秋
「美味しい食べ頃の旬は夏から初夏の時期で、お盆の時には必ずスーパーなどで見かけます。
 シーズンは極早生品種の「はなよめ」や「ちよひめ」で始まり、それに続いて
 「白鳳系」、途中からは白桃系が中心となります。
 味的には、白鳳系は甘みが強く肉質がやわらかめで多汁であるのに対し、
 白桃系は果肉の色が白く、肉質がやや硬めで締まっており日持ちが良いという傾向があります。

●おいしい桃の見分け方
 ふっくらときれいな丸みをしていて、全体的に紅く色づいているものを選びましょう。
 皮の色は濃いほうが甘味があり、色の濃い部分に白い点々が出ていればよりベター。
 また果皮全体にうぶ毛があり、香りの強いものがおいしい桃です。

●桃の栄養分
 期待される効能
 便秘改善、美容効果、高血圧予防、動脈硬化予防、脳梗塞予防、心筋梗塞予防、
 冷え性改善、二日酔い予防、がん予防、老化抑制

 桃の食物繊維には整腸作用のあるペクチンが豊富なので便秘改善に
 効果が期待できます。便秘は肌荒れやストレスにもつながるので、
 美容効果としてもよいでしょう。

●桃は室温に置いておくと果肉がやわらかくなるので、かたい桃は
 新聞紙などで包み風通しのよいところで常温保存しておきます。
 冷やしすぎると甘味が落ちるので、食べる2~3時間前に
 冷蔵庫の野菜室へ入れるとよいでしょう。
 軽くふれて、やわらかみを感じれば食べ頃です。

●こんなにある 桃の種類
 ・白鳳・あかつき・川中島白桃・日川白鳳・清水白桃・浅間白桃・なつっこ
 ・みさか白鳳・一宮白桃・加納岩白桃・ゆうぞら・暁星(ぎょうせい)
 ・黄金桃・ちよひめ・白桃・長沢白鳳・蟠桃(ばんとう)

●桃の上手な洗い方
 桃の皮の表面には、びっしりと細かいうぶ毛が生えています。
 これを流水で流しながら手でこすってよく洗ってください。
 このうぶ毛はこするとすぐに洗い流せますので、洗っていると
 桃の皮の手触りがキュッキュと変わって、ツルツルになってくるのが良くわかります。

 柔らかくなった桃は強くこすると痛みの原因になります。
 流水で流しながらかるく、やさしく洗いながして下さい。
 まだ硬めの桃はキュッキュッとしっかりうぶ毛を洗い流し下さい。

●美味しい桃の上手な食べ方
 軽くふれて、やわらかみを感じれば食べ頃です。なお熟した桃は傷みやすいので、早く食べきりましょう。
 やわらかい桃は手に持つと潰れ皮もむきにくいかもしれません。
 食べる2~3時間前から冷蔵庫で 冷やしておくと、多少果肉も引き締まり、皮もむきやすくなります。
 食べるときはヘタの方からお尻にかけて食べていくと食べ終わった後、
 甘さがいつまでも口の中に残っておいしいでしょう。

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする