【ナッツ効果】生活習慣病の予防効果 ピーカンナッツ

日本ではあまり馴染みがないピーカンナッツですが、アメリカでは健康食品として古くから多くの人に愛されています。

最近になってその美容効果や健康効果が再び注目されるようになり、美意識の高い女性たちから注目されているようです。

味もクルミに似ていますが、クルミのような渋みはなく、くせがなく食べやすいのが特徴。
ほかのナッツ類に比べて脂質が多めのため、生のまま食べるとやわらかくしっとり、ローストすると香ばしくカリッとした食感になります。

ピーカンナッツ(ペカンナッツ)とは?

ピーカンナッツは、クルミ科の落葉高木ペカン(学名:Carya illinoinensis)の種実です。原産は北アメリカです。

日本ではピーカン、ピカンという名前で通っています。10月から12月に収穫される種実には脂肪分が多く、そのためペカンはバターの木と称されることもあります。

バターの木とも呼ばれるクルミ科の落葉高木から採れる脂肪分が多いナッツがピーカンナッツ。アメリカではピーナッツに次ぐ人気があるナッツであり、ピーカンナッツの世界消費の8割はアメリカで生産されたものです。

ピーカンナッツは長さが1〜3インチ、幅が0.5〜1インチで、茶褐色をしています。

味はクルミに似ていて、苦みが少ないのが特徴です。おつまみやピーカンパイなどの製菓に使われています。

ピーカンナッツとクルミの違い

クルミよりも細長く平らな形状で、外の殻はクルミよりも薄くて柔らかいので、手で簡単に割ることができます。

味はクルミのような苦味が少なくまろやかで、クセがなく甘みが強いので、パイやケーキなどのお菓子に使用されることが多いです。

ピーカンナッツの効果と効能

ピーカンナッツの栄養として特に注目なのが、全体の約73%を占めている脂質。
ほかにも、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどのビタミンB群・ビタミンE・カロチン・カリウム・ナトリウム・リン・マグネシウム・鉄・亜鉛など、ビタミン・ミネラル類も豊富に含まれているので、さまざまな健康効果が期待されます。

アンチエイジングや心臓病予防に効果的な食品として注目されています。美肌はもちろんですがコレステロール値の改善にも効果があり、ミネラル類も豊富なので栄養バランスに優れているのがピーカンナッツの特徴です。

中性脂肪の低下や不整脈の改善、動脈硬化の予防など生活習慣病予防にも役立ちます。亜鉛を多く含んでいるので免疫機能を正常にしてくれる効果もある為、風邪の予防にも効果的なナッツです。

・アンチエイジングに効果的

・便秘改善に効果的

・ダイエット効果

・美肌効果

・生活習慣病を予防する効果

ピーカンナッツの食べ方

そのまま食べるのはもちろん、サラダや炒め物、クッキーやケーキなどのお菓子にも使用される用途の幅広さが特徴であり、ピーカンナッツを搾油したものはピカン油やピーカンナッツオイルという植物油として用いられます。

ナッツ類の中でも特に多く抗酸化物質を含んでいるので、アンチエイジング食品として注目されています。他にも腸や前立腺の健康維持にも効果が期待できる優れたナッツです。

ピーカンナッツ1日にどれくらい食べれば良いか?

ピーカンナッツのカロリーは、100gで691Kcal。

ピーカンナッツは1粒(約1.3g)のカロリーが約9calほどです。

糖質も1粒あたり約0.08gと非常に少ないので、ダイエット中の方でも安心して食べることができます。

毎日約40gのナッツ類を摂取することで、飽和脂肪とコレステロールが減少して、生活習慣病のリスクが減ると言われています。ピーカンナッツの場合は1日18粒ほどですが、それだけだと飽きてしまうので他のナッツ類と一緒に食べるのも良いでしょう。

食べ過ぎは禁物です。味が付いているピーカンナッツは塩分も高いですし、お腹が緩くなることもあります。

ピーカンナッツの割り方

ピーカンナッツの殻は薄いので、特別な道具を用意しなくても素手で割ることができます。ピーカンナッツはクルミのように殻が硬くないので比較的簡単に割ることができます。

簡単な割り方としてはピーカンナッツ同士を押し付け合わせて割る方法です。手も痛くなりませんし、安全にピーカンナッツを割ることができます。

ローストする際、ピーカンナッツと一緒に塩やコショウ、ハーブなどを入れると、おいしいおつまみになります。
ピーカンをローストしたあと、フライパンにグラニュー糖と水を入れキャラメル色がつくまで火にかけたものと混ぜ合わせ、くっつかないように広げて冷ますと、キャラメルコーティングのできあがり。
バターを入れてキャラメルバター風味にもできますし、湯せんしたチョコレートをさらにコーティングしてきなこをまぶしても美味しくできます。

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする