[ナッツ効果]鉄分豊富で美容効果 貧血予防のカシューナッツ 

カシューナッツは栄養分が豊富であり、健康・美容効果の期待できるナッツです。

アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。

カシューナッツとは?

カシューは(学名: Anacardium occidentale、英名: Cashew、スペイン語:Marañón)は、中南米原産の常緑高木でリンゴのような果実をつける。

中南米原産のウルシ科の常緑高木「カシュー」の種子のことです。カシューの木は日本では「カシューナットノキ」と呼ばれており、その独特の形をした実から「勾玉の木」とも呼ばれています。

カシューナッツが広まったのは比較的遅く、1850年代と言われています。ブラジルにポルトガルが進出した際に、現生していたカシューを実用樹として世界各地に広めたのが普及のきっかけと言われています。

また、カシューの種子をカシューナッツと呼ぶのに対し、果肉の部分は「カシューアップル」と呼ばれており、こちらも食用として用いられています。

カシューナッツの効果と効能

カシューナッツに豊富に含まれている栄養素は「亜鉛」や「鉄」などのミネラルと、「ビタミンB1」等のビタミン類が豊富です。特に亜鉛にはカルシウムの吸収率を高める効果があるので、育ち盛りの子供や骨粗しょう症予防として高齢者におすすめです。

また、鉄分も豊富ですので、貧血予防として女性にもおすすめです。疲労回復に効果的なビタミンB1も豊富であり、健康で健やかな毎日を送るために非常に効果的なナッツと言われています。

さらに、女性にうれしい美容効果も豊富であり、ダイエット効果の期待できる食物繊維が豊富であり、お通じの改善も期待できます。カシューナッツは脂肪分が多いですが、約60%がオレイン酸で構成されていますので、コレステロールの排出効果や生活習慣病の予防効果も期待できます。

カシューナッツの効果的な食べ方

カシューナッツは栄養分が豊富であり、健康・美容効果の期待できるナッツです。

比較的カロリーや糖質が多いナッツですので、おやつとして補助的な栄養摂取に用いるのがおすすめの食べ方です。

効果を高めるおすすめの食べ方としては、アンチエイジングに重要な「ビタミンE」と「たんぱく質」を摂取するために、牛乳と一緒に食べるのがおすすめです。牛乳にはタンパク質の吸収率を上げる効果があると言われており、ビタミンEが豊富なカシューナッツと非常に相性が良いです。

また、不足している栄養素の観点からは、小魚と一緒に食べるのがおすすめの食べ方です。日本人が不足しがちな食物繊維とカルシウムを同時に摂取することが出来る食べ方です。

カシューナッツの1日の摂取量目安

カシューナッツはカロリーや糖質が他のナッツよりも多く含まれているため、大量の摂取はおすすめできません。

一日の適正摂取量の目安は、約10粒程度です。
食べる際は意識することが大切。脂質も炭水化物量も多いため、カシューナッツで栄養をまかなおうとは考えずに、一日10粒程度で抑えるようにしましょう。

また、加工の際に付着した塩分や油分による高血圧、肌荒れのリスクがあるので、適切な量に抑える必要があります。

カシューナッツを食べ過ぎると

太る原因に
とても栄養価の高いナッツは、同時に高カロリー・高脂質の食品でもあります。ナッツの脂肪分は不飽和脂肪酸という、比較的太りにくい脂肪を含んでいますが、ナッツそのものは高カロリーの食品です。
〇肌荒れやニキビに
「ナッツを食べるとニキビができる」という情報をよく聞きますが、実はナッツ自体は、肌荒れやニキビの原因となることがあまり考えられていません。主に問題なのが、ナッツを加工調理する際に使用する「バター」や「塩」

油分を多く摂り過ぎると、皮脂が通常よりも多く分泌されます。その結果、毛穴に皮脂が詰まってニキビや肌荒れの元になってしまうのです。美容面から考えても、ナッツはなるべく素焼きでローストされているものなど、シンプルなものを選びましょう。

〇便秘や下痢に
ナッツを多く食べたとき、腹痛を起こした経験はありませんか? それはもしかしたら、食べたものが腸内で水分と脂肪分に分かれてしまい、きちんと消化されなかったからかもしれません。消化不良は下痢や便秘の原因となるです。
 

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする