京都・嵐山に小学校を改修したラグジュアリーホテル開業

ホテル「ザ・ホテル青龍 京都清水(The Hotel Seiryu Kyoto Kiyomizu)」が、2020年3月22日(日)、京都・東山に開業しました。

「ザ・ホテル青龍 京都清水」は、昭和初期に建築された元京都市立清水小学校の校舎を改修したホテル。ホテルの外観や廊下に加え、教室の窓枠、階段、アーチ窓などを保存、活用し、ノスタルジックとラグジュアリーが共存した宿泊空間になっている。

ホテルは清水寺から徒歩8分というロケーションもポイント。上層部の客室やルーフトップからは京都の街並みや山並みを一望することが出来る。

客室は、旧教室を改装した34室と増築棟客室14室の全48室。旧教室を改装した客室は、平均50㎡を有する、ゆったりと開放的な広さが特徴で、校舎のクラシカルな窓や梁を残した内装は、上質で非日常的な宿泊体験を演出する。

増築棟客室は、モダンな建築デザインとミニマルな内装で構成。京都の伝統的な要素を随所に散りばめ、現代的でありながらどこか和を感じる設えに仕上げた。

また、本ホテルの最上階には、ルーフトップバー&レストラン「K36」がオープン。京都市街を一望できる360度のパノラマビューを誇り、東山の街並みに沈む夕陽や、ライトアップされた法観寺・八坂の塔の眺望を楽しむことができる。

店内は室内の「K36 The Bar」と、屋外の「K36 Rooftop」の2つのエリアで構成し、宿泊者はもちろん、ビジター利用も可能。バーとレストランでは、希少なシャンパーニュとウイスキーコレクション、華やかなカクテルをはじめとしたドリンク、地元食材を使った料理を用意する。

【詳細】
ザ・ホテル青龍 京都清水
開業日:2020年3月22日(日)
住所:京都府京都市東山区清水2-204-2
客室数:48室(キングルーム30室&ツインルーム18室)
付帯施設:朝食レストラン(屋内44席・屋外テラス22席)、ゲストラウンジ(30席)、プライベートバス、フィットネスジム、バー(K36 The Bar・K36 Rooftop)、別棟レストラン(ブノワ 京都)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です