2018.12.19日本初のツインドーム 有楽町にオープン

2018年12月19日(水)、『コニカミノルタプラネタリア TOKYO』が有楽町マリオンにオープンします。
観覧を目的とした常設のドームを2つ備える日本初のツインドーム施設。

“宙(そら)と大切なことに出逢う”をコンセプトに、「プラネタリウムドームシアター」と「多目的デジタルドームシアター」の2つのドームを常設し、新しいスタイルで星空を楽しめるコンテンツを上映。
ツインドームと、VRエリア、カフェ&ショップエリアも併設し、エンターテインメント空間を楽しめます。

さらにワインやカクテルといった飲食を味わいながら星空を楽しめるのも「プラネタリア TOKYO」の魅力です。
仕事帰りにも気軽に立ち寄れる東京の新たなおでかけスポットです。

「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」では高解像度ドーム映像を投影、
「プラネタリウムドームシアター(DOME2)」ではプレミアムな星空を提供するほか、
体験型VRアトラクションも備える。

最大8Kの高解像度ドーム映像が楽しめる「多目的デジタルドームシアター(DOME1)」は
全天周映像作品の上映だけではなく、映像とコラボレーションした音楽ライブ、
インタラクティブコンテンツ、その他各種パフォーマンスなどの実施を予定しており、
従来のプラネタリウムに捕らわれない、
新たなドーム映像体験ができます。

また、座席の配置パターンを変化させることで、パフォーマンス用に広いスペースを確保したり、
お客様がスタンディングで参加することも可能になります。

プラネタリウムドームシアター(DOME2)には、特別なプラネタリウム体験をより特別に演出する
プレミアムシート『銀河シート』が登場します。

限りなくリアルで美しい星空を提供するプラネタリウムドームシアターです。
満天の星々はもちろん、臨場感や没入感が高いデジタルドーム映像、そして最新の立体音響システム
「SOUND DOME®」による音の移動を体感する作品など、星空を中心とした様々な作品を上映します。

オープニング記念作品として、日本を代表するアーティストDREAMS COME TRUEとのコラボレーションが。
「何度でも」をはじめ、彼らの至極の名曲の数々が有楽町の星空に響き渡ります。

『コニカミノルタプラネタリア TOKYO』

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする