ディズニー好きにはたまらない!!2019年の10連休はクルーズはいかが?

2019年のゴールデンウィークは10連休になり、
もう旅行会社には予約で殺到されているそうで、ビックリしました。
旅行会社の人気は1位 ホノルル 2位 台湾  3位 グアム
だそうです。
人気の場所も良いですが、数年前から何かと話題の「クルーズ」は
いかがでしょうか?
それもディズニー好きにはたまらないクルーズです、

ディズニークルーズラインは4つの客船を持ち、現在さらに2船を造船中です。
フロリダからはカリブ海、カリフォルニアからはメキシコ半島、カナダからはアラスカクルーズ、ヨーロッパでは地中海と世界中を巡っています。

カリブ海やメキシコ半島クルーズは、乗下船後にディズニーパークとの組み合わせも自由で、究極のディズニー体験を満喫できます。


ディズニー・クルーズラインから夢の客船「ディズニー・マジック」号が就航したのは1998年。
翌年には姉妹船の「ディズニー・ワンダー」号が登場しました。
船上では、ミッキーマウスをはじめとするディズニーお馴染みのキャラクターたちがお出迎え。
船上でしか観られないショーや、ディナーでさえエンターテイメント満載で楽しめます。
パークでは流れ作業のキャラクターグリーティングも船内ではたっぷり時間を取り、
パークとは異なり場所移動が限られているため、体力温存にもなります。
また船でしかみられないミュージカルや、テーマレストランでの食事もあり充実したクルーズを体験できます。
また弊社としてのセールスポイントは現地空港での日本人スタッフによるサポートと、
船内でも限定期間で日本人スタッフが乗船し、サポートいたします!



洋上のディズニー・リゾート。
ディズニーが客船を所有していることがあまり知られていないのでアピールしたいのと、
クルーズというと敷居が高いイメージがありますが、ディズニークルーズは服装についてのドレスコードもカジュアルのため気軽に楽しむことができます。
船内での食事代金は3食ともクルーズ代金に入っています。
またパークでは長蛇の列で触れ合うことが少ないキャラクター達とも、
船内で濃密な時間を過ごすことができます。

現地空港やホテルのチェックイン時は、
日本人スタッフが旅のご案内をするので安心して滞在頂けます。
さらに、夏休み、シルバーウィークには日本人スタッフが船に乗船し、
慣れない船旅をサポートいたします!


スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする