簡単に解説【コストコ】の会員になるには

米国の会員制スーパー「コストコ(Costco)」が日本に初上陸したのは1999年。
1号店のオープンは福岡県で以来、全国で出店し、現在は25店舗以上あります。
今後も各地でのオープンも予定されています。

近年、さらに人気を増すコストコ。
「有料会員制」とのことは誰でも知っているはず。

コストコ 会員の種類には

会員の種類によって年会費が違います。

「コストコ 会員」の画像検索結果
 〇個人会員(ゴールドスターメンバー)
  18歳以上で、年会費は4,400円(税別)

  主会員の人のカードとは別に家族カードを1枚無料でつくることができます。

 〇法人会員(ビジネスメンバー)
  18歳以上で、年会費3,850円(税抜)

  個人事業主や自営業者、非営利団体や官公庁の事業主などが対象です。
  条件が少しありますが、該当する場合は年会費も安くなり、お得な会員プランです。

 〇エグゼクティブ会員
  2019年からスタートした新会員制度です。
  18歳以上で、年会費9,000円(税抜)
  ポイントが2%付くため、たくさんお買い物をする人にはおトクです。

コストコ 会員と同伴人数

「コストコ 同伴人数」の画像検索結果

大人は会員カード1枚につき同伴者2名まで、子どもについては人数制限はありません。

    〇大人・・・あなたを除いた同伴者2名まで
 〇子ども・・・18才未満の子どもは人数制限は無し

会員カードが主会員と家族カードの2枚になり、主会員と家族会員、そして同伴者4名の合計6人の大人が入場することができます。

コストコ 会員の登録するには

「コストコ 会員登録」の画像検索結果

会員になるには、2つの方法があります。
 ・店舗カウンターでの申し込み
 ・事前インターネットでの申し込み

〇店頭の場合

【入会の流れ】
1.コストコの入り口で、店員さんに入会したいと伝える
2.メンバーシップカウンターでコストコの入会申込書を記入する
3.身分証明書など必要書類を提示する
4.その場で写真撮影する
5.メンバーシップカードが発行される

〇インターネットの場合

コストコ会員証ネット申し込み

【入会の流れ】
1.コストコのホームページから入会申し込みをする
2.コストコに行って店員さんに入会したい旨を伝える
3.メンバーシップカウンターで身分証明書などを提示する
4.その場で写真撮影する
5.メンバーシップカードが発行される

ネット申し込みをしておくことで書類の記入の手間が当日省けます。

 〇当日に忘れず持っていくもの

  ・身分証明書(申し込みの際に選択したもの)

  ・受付番号(申し込み時に表示される)

  ・年会費

  ・家族会員を申し込んだ人はその家族も同伴

「カードお渡し期限」を過ぎてしまうと会員証を発行できません。

コストコ 年会費の支払い

「コストコ 年会費」の画像検索結果

コストコの年会費は初回店頭で支払いますが、MASTERブランドのクレジットカードだけは年会費の自動引き落としに対応しています。

コストコ 会員のメリットデメリット

「コストコ 会員登録 メリットデメリット」の画像検索結果

〇メリット
 ・当日に会員登録もできる

 ・家族会員カードももらえる

 ・会員期間内の退会・解約は年会費が全額返金される

 ・まとめ買いすることで、価格が安い

 ・海外の商品が手に入る(英語の本や海外製品が豊富)

 ・試食やフードコートなどもあり、テーマパーク感が高い

 ・会員になると、無条件で返品や交換ができる

〇デメリット
 ・店頭での会員登録する場合は時間がかかる 

 ・一度退会すると12ヶ月は新規登録ができない
 ・一部のクレカしか使えない

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする