コーヒー どれを選んでいる? 自分が飲みたい、自分の好みの飲み方

「コーヒーが好き」、「毎日飲みたい」、「毎日飲んでる」人は多数いますが、

ほんとにその味を楽しんでいるのでしょうか?

コーヒー本来の特性を知って飲みたい、と思いませんか?

Coffee診断
スポンサーリンク

スポンサードリンク







タイプの違い

・ 豆タイプ

豆を購入すれば自分のこだわりのミルとともに、コーヒー豆を挽くときから抽出するまでのひとときを、ゆったりと楽しむことができます。また、コーヒーが最も香りを発するのは豆を挽いた瞬間であるため、最も香りを楽しめるタイプとも言えます。

・ 粉タイプ
豆をミルで挽いたものが粉タイプです。ドリッパーやサーバーがあれば、簡単にレギュラーコーヒーを楽しむことができます。豆を挽く手間がなく、手軽に楽しむことができるので、コーヒーを頻繁に飲む人にはおすすめです。抽出器具を使っているなら、その器具にあった挽き方にしてもらいましょう。

どちらがいい?

粉タイプより豆タイプの方が長持ちします。

コーヒー豆は酸素に触れるほど新鮮さを失っていきます。

豆タイプと比べ、粉タイプのコーヒーは表面積が大きく酸素に触れる部分が多いため、豆タイプよりも劣化は速くなってしまいます。

・コーヒー豆の保存法
  鮮度を保つには  コーヒーの鮮度を保つ条件は大きく4つです。
  ①紫外線から守る
  ②酸素に触れる 量を減らす
  ③高温を避ける
  ④多湿を避ける湿度を一定に保つ

鮮度を保つためには、日光が射さないスペースで、空気の入りづらい密閉性の高い容器に保管するのが理想です。この条件を満たすことで、自宅でも新鮮な状態で豆を保存できます。

開封前:缶入り、袋入りともに高温・多湿を避け、常温で保存します。
開封後:缶入りのものは蓋をしっかり閉めて、また袋入りや計り売りのものは袋の口を

    しっかりと閉じてから、密封容器に袋ごと入れ、冷蔵庫や冷凍庫などで保存します。

・冷蔵庫や冷凍庫での保存
 家庭の中でもっとも豆の保存に適した場所は冷蔵庫や冷凍庫。季節を問わず、日光を避け られ、温度と湿度を一定に保つことができる理想の場所です。
保存する際の注意点として、庫内と外の温度差があります。コーヒーの出し入れによって水滴がつき、コーヒーがしめってしまうことがありますので、一度に使う分ずつ、小分けにする事をおすすめします。

・豆を小袋にとりわけ、保存
 表面が油でテカっている豆は古い?豆がテカって見えることがありますが、これは豆が古いというわけではなく、焙煎の度合いに起因したものです。コーヒーは焙煎が進むにつれて膨張し、表面に細かな亀裂ができます。このとき、豆の内部にも空間が生じ、コーヒーにもともと含まれている油脂分が表面ににじみ出てきて濡れたように見えるのです。深炒り豆のように焙煎度が高い豆ほど、このような傾向があります。

・ 賞味期限が過ぎたコーヒー
 開封前であれば、パッケージに記載されている賞味期限内に飲み切ることをおすすめします。コーヒーは乾燥しているものですから、賞味期限を過ぎているからといってすぐに品質の劣化がおこるわけではありませんが、おいしく召し上がって頂くためには賞味期限内に使い切ることをおすすめします。開封後は、缶・袋などの包装形態を問わず、粉タイプは約7〜10日、豆タイプは1カ月程度で飲み切るのが理想です。

コーヒーの好み、飲み方

★ミルクたっぷりカフェオレにあうコーヒー

カフェオレは、濃いめに淹れたコーヒーと同量のミルクを大きなカップに注いで飲むというのが一般 的。フランスなどで朝食時にパンに浸して食べたりすることから口の大きなカップ(取っ手のないカフェオレボウルなど)が使われているのだそう。

飲みやすいコーヒーだとミルクの味ばかりが目立ってしまい、風味の薄いコーヒーになってしまいます。 ある程度、苦みと香りの強い深煎りコーヒーなら、カフェオレにしてもミルクに負けず、しっかりとしたカフェオレの味わいを保ってくれます。
 

 ・フレンチブレンド
  カフェオレにピッタリの苦みと香りを備えた深煎りコーヒー。
  ミルクとの相性もバッチリです♪
 ・ジャーマンブレンド
  フレンチブレンドより少し軽い風味の深煎りコーヒー。
 ・イタリアンブレンド
  フレンチブレンドでは物足りないという方に。
  さらに苦みの強いコーヒーです。

★アメリカンにして飲むコーヒー

よく言われる「アメリカン」とは、「一度抽出したコーヒーにさらにお湯を加え、薄めた状態で飲むコーヒー」のことです。
最近はエスプレッソなど、苦みの強いヨーロッパのコーヒーが好まれるようになって、カフェや喫茶店のメニューからも少しずつなくなってきているようです。
お湯で薄めるので、飲みやすいコーヒーを使うと味がなくなってしまい、おいしいアメリカンはできません。 酸味は控えめで、少し苦みとコクを持ったコーヒーがオススメです。

 ・スペシャルブレンド
  中煎りと深煎りのコーヒーがブレンドされた深みのあるコーヒー。
  アメリカンにして飲むとさっぱりして程良い加減です。
 ・ジャーマンブレンド
  クセのない少し深煎りのコーヒー。
 ・もともと酸味がほとんどないのでアメリカンにしてもスッキリ。
  酸味がイヤだけど、アメリカンにして飲みたいという人に。
 ・コロンビア・サンアグスティン
  ジャーマンブレンドと同じくらいの深煎りコーヒー。
  苦みの中にまろやかな酸味が隠れている高級コロンビアコーヒー。

★アイスコーヒーとして飲むコーヒー

アイスコーヒーもアメリカン同様、日本独特のコーヒーの飲み方。
おいしく作るコツは、しっかり深煎りのコーヒーを濃いめに抽出して氷などで一気に冷やすこと。

  ・イタリアンブレンド
  とても深煎りですが、焦げ臭いほどの苦みはありません。
  クセがなくまろやかで飲みやすい。アイスコーヒーにして飲むと格別です。
 ・モカエスプレッソ
  こちらも強い深煎りでアイスコーヒーにオススメです。
  モカベースのコーヒーなので、モカの香りのアイスコーヒーに。
 ・キリマンエスプレッソ
  こちらも強い深煎りでアイスコーヒーにオススメです。
  酸味系ベースのコーヒーですが、深煎りなので酸味はありません。
  力強いスッキリした味わいのアイスコーヒーに。

★エスプレッソとして飲みたいコーヒー

エスプレッソはヨーロッパでよく飲まれるコーヒー。日本でも多くの方に飲まれるようになった人気のコーヒーです。普通のレギュラーコーヒーとの決定的な違いは、抽出方法と風味。もともと深煎りのコーヒーを、圧力を利用して抽出するので、ギュギュ~っと濃縮されたような濃厚なコーヒーになります。
ミルクや砂糖、クリームなど、さまざまなアレンジをされても味が負けないしっかりとした深煎りがエスプレッソに適しています。純粋にエスプレッソとして飲む場合は、お好みによっては煎りの浅いコーヒーを使う場合もあります。

 ・イタリアンブレンド
  とても深煎りですが、焦げ臭いほどの苦みはありません。
  クセがなくまろやかで飲みやすい。

 ・モカエスプレッソ
  こちらも強い深煎り。
  モカベースのコーヒーをエスプレッソ向けに焙煎したコーヒー。
  モカの香りが漂います。

 ・キリマンエスプレッソ
  こちらも強い深煎り。
  酸味系をベースにしたエスプレッソ向けのコーヒー。
  ただ、 深煎りなので酸味はありません。力強いスッキリした味わい。
 ・フレンチブレンド
  イタリアンより少し軽い苦みの深煎りコーヒー。
  軽めと言ってもエスプレッソにして飲むとけっこう濃厚。

 ・ジャーマンブレンド
  フレンチよりさらに少し軽い苦みの深煎りコーヒー。
  クセのないほろ苦い風味。

少しのコーヒー知識で毎日のバリエーションも増えていくでしょう!!

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする