香りでリラックスできるコーヒーにはたくさんの健康効果があった

コーヒー好きの人は男性97%、女性87%と、ほとんどの人が毎日
コーヒーを飲んでいるようです。

外出先で最も購入しているコーヒーは、
「カフェ・コーヒーチェーン店」で 26.8 %。
「コンビニコーヒー(22.0%)」



男女別に見ると、
女性は「カフェ・コーヒーチェーン店」が、、
男性は「コンビニ等で販売されている缶・ペットボトルコーヒー」
がトップと異なる結果となっています。

毎日購入している人は全体の4割で、いくつかのお気に入りコーヒーを
買い分けているようです。

どんな時に飲む?については「リラックス、リフレッシュしたい時」や休憩時間」「食後」に飲むという人が多数のようです。

スポンサーリンク

スポンサードリンク







コーヒーに期待できる健康効果

・ 若さをサポート

コーヒーには、ワインやココアにも含まれるクロロゲン酸には抗酸化作用があり、老化の原因となる活性酸素を抑制する働きがあります。その結果、しわやたるみ、シミなどの対策につながります。

・ ダイエットに効果的

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、食欲は交感神経でコントロールされています。コーヒーを飲むことで交感神経が強く働き、脳からの指令で脂肪代謝へ働きかけることで、脂肪燃焼を高める作用が期待されています。
飲むほど痩せやすい体質になり、ダイエットになるとされています。また、利尿作用により体のむくみも抑えられます。
ただ、この効果を得るにはコーヒーをブラックで飲んだ場合です。ミルクや砂糖を入れすぎるとあまり効果は期待できません。



・ 脳を活性化させる

コーヒーには、注意力の低下を回復させる効果も期待されています。

・ リラクゼーション効果

コーヒーの香りには脳をリラックスさせる作用があり、香りをかぐことで、リラックス状態の脳に現れるα波が増加することが判っています。
コーヒー休憩でリフレッシュできるのは、味はもちろん、深く香ばしいコーヒー独特の苦味と香りが安らぎを与えてくれます。
この代謝機能を高めることで疲労回復につながります。 頭痛・二日酔い対策カフェインには鎮痛作用もあります。
二日酔いの頭痛を抑えるとともに、肝臓への負担も和らげます。



・ 胃の働きを活発にする

コーヒーに含まれるカフェインには、胃液の分泌を促進し、脂肪分解速度を上げます。
適度な刺激を与えて胃酸の分泌をうながし、消化を助ける働きがあります。
空腹時に飲んだり、飲み過ぎると胃が荒れてしまうこともあるため、飲む量には十分注意しましょう。

・ 血糖値を下げる

1日1杯以上コーヒーを飲む人は、全く飲まない人に比べて糖尿病になるリスクが0.61倍まで減少したという研究結果があります。
これはコーヒーに含まれる、カフェイン と クロロゲン の効果です。
これらが血糖値を下げるインシュリンの効果を高めるため、糖尿病のリスクを減らします。
また、眠気を低減する効果もあります。



カフェインとは?

アルカロイドという有機化合物の一種で、コーヒー紅茶、緑茶などや、チョコレートやココアなどにも含まれている成分です。

・カフェインには

覚醒作用、脂肪燃焼作用、運動能力を向上させる効果、利尿作用、血管拡張作用、鎮痛作用、口臭予防、興奮作用等。

・カフェインの副作用と摂取量

カフェインには様々な効能がある中、摂取しすぎると「毒」となるとも言われています。
カフェインの過剰摂取による中毒症状は下記のような症状があげられます。
・落ち着きがなくなる・睡眠障害・不安感・呼吸困難・嘔吐
ちなみにコーヒー100mlに含まれるカフェインの量は約60mlと言われており、体重50kgの方が3時間以内に1,400ml程度のコーヒーを摂取したなら、ほぼ100%の確率で上記のような中毒症状が出るということになります。

・カフェインを摂取するのにベストなタイミングとは

カフェインを摂取するのにベストなタイミングは、ランチの後。
カフェインは肝臓に負担をかけやすいため、朝に摂取すると体力を低下させる恐れがあるためおすすめできません。



コーヒー1杯150mlには約90mgのカフェインが含まれますので1日4杯ほどのコーヒーであれば問題なく飲むことができます。

ただし、カフェインは紅茶や緑茶、コーラーにも含まれますのでコーヒーの他にもカフェインが含まれる物を摂取する場合はコーヒーの量を控えましょう。

コーヒーは体に良くないイメージを持たれますが、カフェインは大量に摂取しなければ体にいい影響を与えてくれます。

スポンサードリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする